タイハーブに興味のある方へ。

ハーブボールのワークショップ・勉強会など行っております。

★ハーブボールを作ってみよう!!!WS ★セルフメンテナンスのハーブボールの使い方WS 等、ハーブボールのWS開催の内容についてはお気軽にご相談ください。

出張WS、イベント出店も行っております。

定期的にWSや勉強会も開催しておりますので、ご興味のあるかたはお問合せください。

‘タイ古式マッサージ’ タグ

おんなの人生タイ式応援ケア

 

ご無沙汰しております。

秋分の日が過ぎ、空も高く秋らしくなってきています。

何かに怯えつつも、行楽の秋をむかえ、ワクワクが隠しきれません。

 

 

タイでは昔から行われている・ハーブ温熱療法の一つでもある「ユーファイ」、日本語で置き換えると「産後の子宮ケア」となります。

ラクシュミーでもハーブ玉やソルトポット、ホットブロックなどでお馴染みです。

 

長年セラピストをしていると。。。

ひとりの女性の人生の流れに、ひと時の時間を一緒に過ごさせいただける、ありがたい時間があります。

マタニティーや産後のセラピーとしては、お店では行っておりませんが、長年お付き合いさせて頂いているお客様には、その時代にあった施術でゆっくりしていただけるよ心がけています。

 

ありがたくも、公私ともに今年は!!ベビーラッシュ!!

 

セラピスト仲間のママに、プチマタニティ&産後のセラピーで辛い身体の息抜きメンテナンスをさせてもらいました。

中にお塩がはいっているのでデトックス効果があるそうです。

遥か彼方に習った技術、子宮ケアなどで取り入れてはいるけれども。。。。もっと楽しく施術したという思いで、

出産後なのに、、、先ほどのセラピスト仲間にマタニティ&産後ケアの私オリジナルの講習をしてもらいました。

ハーブ玉は好きで好きでたまらない施術ですが、実は。。。。白状しますと。。。ソルトポットは苦手意識があったのです。今では大の仲良しです。

 

実際に臨月のお母さんのお腹を触らせてもらう、とても貴重な体験。

写真は私、でもタオルをお腹に入れてますよーーーー

 

働くお母さんが多い中、職場復帰の前におお仕事を終えたご自分にご褒美していただきたいです。

そして、出産経験がなくとも男女問わず、「タイハーブ温熱療法」で身体を温めていただきたいです。

これからも、「その時にできることさせて頂く。」を大切にしていきます。

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 


営業再開のお知らせです。

 

4月末よりラクシュミーも少しずつ営業を再開させていただいております。

気がづけば、もう梅雨入ですね。

 

緊急事態宣言は解除されましたが、引き続き細心の注意を払いながら営業しております。

その為、お客様が重ならないように施術時間を設けておりますので、

ご希望のお時間でのご案内が難しい時間帯もございます。

(※マスク着用で施術させて頂きますが、お客様にもマスク着用にてご来店の程よろしくお願いいたします。)

 

又当面の間、火・水曜日を定休日とさせて頂きます。

色々とご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

 

 

自粛生活の中ゆっくりはされていらしても、知らず知らずストレスを溜められている方も多いのではないでしょうか。

少しは緊張感が緩みはじめた時期、こんな時期はハーブの香りに包まれてほっと一息なさってくださいませ。

心よりお待ちいたしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


春の記憶ノート② ははこ草

 

 

今頃は田んぼや畦道に、母子草(ははこぐさ)の黄色い花が見えはじめる時期

と、これは昨年の記憶を元にした投稿です。

田んぼに蓮花が咲く頃にははこ草も満開だそうなので、今年はもう遅いですね。

 

私がははこ草を知ったのは、「春の七草の一つ、ごぎょう」の別名ということからです。

毛玉の様な黄色いボンボンがてんてんてんてんと咲いて、

葉の表面がフェルトのようにもふもふしている、

何とも愛らしい佇まい。

小さな花がかたまって咲いているとなんだか、優しい気持ちになります。

 

 

その昔は、よもぎの代わりにははこ草で草餅が作られていたそうです。

「若い芽を摘んで餅にいれた。」「若い花をつき込むと黄色の餅ができる。」と本にも書いてありました。

(←「広島県の植物方言と民俗」渡辺泰邦著より。他にもコーコーやネズミノミミなど、広島県内でも呼び名がたくさんあるようです。)

ははこ草の地域別の呼び名の中に、「おとおさんヨモギ」があるそうですが、

 

別の植物ちゃんとお父さんもいます「ちちこ草」

 

昔話しの様な名前、兄や姉がつく植物もあるのかな?

植物の名前に父と母がついていると、昔から植物を通して家族の絆を大切にしているんだな、と感じます。

 

 

ははこ草の効能は、

「咳や喉の痛みに効く。」

と、いうことで、今回のコロナ感染対策で、うがい薬として使いました。

それも、、、漬け込んでいたのをすっかり忘れ、通常3か月のものをそれ以上、、、

それどころではないくらいの物を、、、

自分用だし、まっっいいかっ、、、

恐る恐る使ってみました。大丈夫、使える!!スッキリしました。

 

「煙も喉に良い。」と書いてあったので、、、これは昨年のお試し。

よくわからなかった記憶があります。ついでにヨモギも焚いてみる。

 

緑がだんだんと濃くなる季節。
春も終わり、暦の上ではもう立夏です。

引き継ぎ今年の春の記憶にお付き合いくださいませ。

 

 

 

 


春の記録ノート① カラスノエンドウ

 

 

遠出は自粛中なので、足元の植物をじょうずに楽しんでいます。

 

どこでもわさ~と生えている雑草扱いの「カラスノエンドウ」

じつは食べられます。
名前がわからなくても、ピーピー豆でピン!!とこられましたか?

 

「カラスノエンドウ」は健康茶の一つ。

 

お庭の雑草の中でもうっとおしい!!と思われがちですが、カラスノエンドウがあるということは「土地が豊かな」証拠なんだそうです。

そう言う豊かな土地柄か、たくさんの効能もあるようです。

 

マメ科ソラマメ属。

中でも「クエルシトワン」という成分に利尿作用や新陳代謝アップとして作用する。
その他にも、胃もたれや咳止め効果が期待されるそうです。

 

 

 

SNS上でいろんなレシピ投稿がありました。
天ぷらやおひたし、炒めもの。
お茶にもできるらしい、と友達に話したら、畑からどっさり届く。

 

しっかり!!莢がついている。
欲張りな私は、「小さいころの莢は美味しく食べれます。」を無視し、大きな莢を選んで食べました。
そう昔話しのような結果、

 

モゾモゾ、ペッペッ。

 

いつも優しいお友達は、小さな莢をお味噌汁に入れて、美味しく食べられたそうな。
お豆腐によく、合うよ。って。

 

 

今年はもうわやわや育っている時期なので、来年若くて柔らかい部分を食べてみてください。
ただ今、お茶で飲もうと乾燥させています。

竹の子も頂いたので、豆ご飯で夕食。
大きさは違えど、しっかり莢の中に豆ずらり。

エンドウのミニュチュアみたい。カラスノエンドウのひとまわり小さいのがスズメノエンドウ。
烏と雀でネーミングが楽しい。

 

 

来年はめいいっぱい野草三昧したいと思います。
一年経つとすぐに忘れるので、記憶ノート投稿お付き合いくださいませ。

 

 

 

 


横川という場所は。

 

 

先月末まで、カモメのばぁばぁさんで個展をされていたクリモトカヅコさんの

イラストを壁にかけました。

 

 

『森にはいろんなお店があるかもしれない。

いろんな生き物のためにお店があるよ。

かたつむりは目が疲れやすいから、マッサージのお店によく行くんだって。』

 

優しい絵。

今、この時期だからこそ、優しい絵が必要。

森に住んでいる生き物たちの幸せな物語。を描いてくださった。

 

 

横川の森のじゅうみんたちもイラストの中でも、活きいき。

カモメのばぁばぁさんはりりさんとアトムの絵描き時間。

りりさんの絵スキ。

 

古本と珈琲 楢さんには金魚が読書中。

楢さんのお店のBGMスキ。

 

横川森の私の大好きなスポットの絵絵。

 

 

密かにラクシュミー人気スポットのトイレ。

 

目が疲れたら来てくださいね。
絵も見に来てくださいね。

 

 

 

 


2020年よ~いどん!!

 

 

今年もよろしくお願いします。

すっかり年始のご挨拶が遅くなりました。
ようやく2020年が始まった気がしています。

 

11年目のラクシュミー はどうなるでしょうか?

タイハーブ伝統療法のこと、
日本の植物療法のこと、
東洋医学的日々の暮らし方のこと、
認知症や介護をされている家族のこと、
太極拳やチクチクツクロウ手仕事会、
などなど

 

これまでこれから学び学んでいることを、

より生活に根ざしたものに繋げていき、

ラクシュミー に集まってくださる方々と共に、

自分らしく大切に向き合いながら、

キラキラと本来のご機嫌な心と体を取り戻す、

気づきの場になれたらいいな。と思っております。

 

 

施術やワークショップなどを通して、みなさんと一緒に歩んでいきたいです。

どうぞ2020年もよろしくお願いします。

 

 

ラクシュミー ~ゆったり隠れ家サロン~ 新山・大前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アンチャンイロイロ。

 

タイ名はアンチャン、英名はバタフライピーという、かわいいお花があります。

青むらさき色の本当に綺麗な、

名前の如く蝶のよう。

豆科の植物。

アントシアニンたっぷりと眼精疲労にもいいと言われる。

 

ハーブティーとして淹れると、心ときめく美しい色です。

最近ではカフェやカクテルでちらほらお目にかかる。

 

 

緑の中にしっかりとした色が個々主張しているようにも見えますが、

緑の中に本当にむらさき色の蝶が休んでるようにも見えます。

友人の育てている畑から、今年は贅沢に何回もおすそ分けが届いた。ありがたい。

 

 

夏の暑い日レモンを入れると〜ジャン!!あら不思議な女子うきうき飲み物になる。

ほんの少しだけ豆っぽい香りがしますが、クセのない味。

 

レモンのクエン酸がアントシアニン色素に反応して紫色に変わる。目に楽しい飲み物。

最初は綺麗な青なので、青の飲み物をお出しした時の、お客様のギョギョ感は楽しかった。

お客様にもお子さまと楽しんで頂きたくお福分け。

 

 

先日おすそ分け元一つの三原市深町に広がる「てとてとて深町ハーブ畑」さんに

おじゃましました。

その植物のいわゆる旬が過ぎても、種取りためのハーブが力強く生えている。

 

秋の初めに今年最後のアンチャン。

タイでは美容にいいとされ、石鹸やシャンプーなど、スキンケア商品として売られています。料理や染物にも、と幅広く使われている。

なので、ヘアトニックを作ってみることにしました。

瓶を透かして光あたると、あぁ美しい。これが自然、天然の色なんですよね。

 

 

10月にはローゼルの収穫も楽しむことができるそうです。

来年はラクシュミーでも仲間を集めて、季節のハーブ摘みツアーをしたいです。

 

生活の中にハーブを取り入れて、たまにゆっくり静かに過ごすことを心がけています。自分のお気に入りの場所でってことが大切ですねっ。

 

 

 

 


10月より価格改定のお知らせ。

 

 

ラクシュミーからお願いとお知らせです。

 

オープン以来今の価格でサービスの提供をさせて頂いておりましたが、10月の

消費税改正に伴い、2019年10月より 10年ぶりに価格を見直すことになりました。

何卒ご了承くださいますようお願いします。

 

更なる価値ある技術とサービスの提供に努めてまいりますので、今後ともよろしくお願い致します。

 

ラクシュミー 新山、大前

 

 

 

 

 

 


タイ旅行記 夏 -後編-

 

続いて後編です。

 

ででーーーーんとバンコク丘の上にそびえ立つ寺院

ワット・サケット

 

螺旋の階段をあがって登りきると風が吹き抜けて気持ちいい。

気持ちのいい風で帰りたくなくなります。

ここは、アユタヤ王朝時代に建立された歴史の古い寺院。

地上から約80メートルと小高い丘は自然のものではなく土を盛り造成されたそうです。

 

おや、見覚えのある植物が。

 

ラクシュミーにも同じ?似てる植物がいて

夏場は太陽の光を浴びて葉が赤く染まり、

冬は室内できれいな緑色をしています。

なんだか嬉しくなります。

少し赤い色が落ち着いてきました。

 

 

そして旅のメインイベントのひとつ。

情報通のお客様より何年も前から話を聞いてて気になっていたあの島へ

メジャーなところではないのかホテルのツアーガイドに聞いても、タクシーのおじさんに聞いても、地図広げて指差しても

なんでそんなところ行くんだ?

知らないな、という雰囲気。

 

岸は目の前、片道2バーツの船に乗って上陸

素焼きとお菓子の島、クレット島。

 

早くに着いたからまだお店も準備の最中

狭めの路地をぐんぐん進む

 

素焼きの鳥の笛はおばちゃんがピロピロふいてて

音色につられて購入

しかし吹けず…コツがわからない(笑)

この花は見つける度に気になる存在。

 

枝の生えかたもスゴイ!!

 

またゆっくり行きたい島です。

 

 

ひげのもじゃもじゃはえたお初ランブータンも美味でした♡

 

まだまだ知らないタイを五感で楽しみました。

コップンカーー(^人^)

 

 

 


『よもぎづくしで夏越祭り』のご案内

今年は梅雨入りが遅かったですね。

ついつい冷たい物に手が伸び取り過ぎたりと、水分排出が上手くいかないと、水風船を身体の中にいっぱい溜め込んだ状態になってしまいます。

そこにクーラーや冷たい物を取り過ぎで身体の水風船が冷え、夏でもむくみや冷えの原因となります。東洋医学で言う水毒です。

 

今年は梅雨入りも遅かったり、年号も変わったり、何かと目まぐるしさを感じます。

よもぎのオイルで全身デトックスして頂き、楽しく元気に秋を迎えていただけるようお手伝いさせてください。

 

 

〇●〇夏越しメニュー〇●〇

 

タイ式マッサージ&よもぎオイルの部分ケア
(※背中か脚背面のどちらかお好きな方を選んでください。)

○ショートコース        70分  7,000円  6,000円

○ミディアムコース  100分  9,500円  8,500円 

○ロングコース        135分 12,500円  11,000円

2019.8.6 立秋前までのご案内

 

日本でも古くから身近に親しまれている植物のひとつよもぎ。

自然農法・宮島中岡農園さん畑のエネルギッシュなよもぎのエネルギーを借りたメニューになっています。

※パッチテストもさせて頂きますが、アレルギーのある方はご一報ください。

 

 〇お祭りのおまけ。〇

○よもぎ、カモミール、薄荷の爽快フットバス付き。

○大城よもぎ博士の美味しいよもぎ茶付き。

○フットバス中、絵本「よもぎ博士のよもぎのお話」を貸し出し。

 

 

〇夏越祭り中・お得なキャンペーン価格!!〇

「タイハーブ温熱療法 ソルトポット」 

    20分 1500円 もご案内しております。

塩入り素焼き壺を直火で温め、ハーブでくるみお腹を中心に施術していきます。内蔵を温め刺激するため、夏場の冷えにもアプローチします。

キャンペーンメニュー、いつものタイ古式マッサージと組み合わせて、この機会に体感してください。

 

 

 

 

 

 

 


ラクシュミーの贈り物

大切な方へ、

癒しの時間をプレゼント、

タイマッサージの贈り物は

いかがですか?

 
ギフトカード

時にはママものんびりと。

ss赤ちゃん足

  「赤ちゃんと一緒にタイマッサージ♪」 平日の昼間、赤ちゃんとゆっくりいらしてください。   詳しくはブロク ゙→赤ちゃんと一緒にタイマッサージ♪ をご覧ください♪